5年が過ぎて内部被爆症状が出ている人が増えてきました。先日の報道ステーションを観て思うのは、うまく抵抗したな・・・です。そうとうの圧力があり報道死者も出ている状況下でよく報道できたと感心する一方で、甲状腺癌と原発事故の関係というようなテーマでないと放送許可がおりなかったのか?ということとあえて放射能に無知な層への提案ができたことが良かった気がします。

だいたいテレビは洗脳装置ですから、放射能との関係がさもあるような内容で最後には因果関係は認められませんでした!

というような最後にひっくり返す手法がほとんどなのですが、今回は自民党の厚生大臣が「コメント出来る立場にない」などと被爆した甲状腺癌の子供や親に対しての人間ではない発言を流したことや、医療センターの長が「甲状腺癌の増加の原因が原発事故とは考えられない」というようなまたしても人間ではない発言が報道されたことに意味があったと思います。

いいかげん目が覚めてきた人もいたのではないでしょうか?

私の元へは癌患者の方が来られます。ほとんどの人が検査をして医者に宣告され、切る・焼く・放射線・抗ガン剤を体験してます。ところが数年で再発しているのです。

その人たちが最後に珪素や酵素と出会い、私の指導を聞いて真剣に取り組んでいます。途中から抗ガン剤をやめてから元気になった人もいます。対処療法の西洋医学には利点もある反面、なぜ病気になるのか?その原因を取り除くには?免疫力が落ちる生活習慣やその改善方法が徹底されていないようです。

癌に関しては癌ビジネスのために患者でありながら顧客にされてしまい寿命短くされている人もかなりいるようです。
世界人口の2%程度の日本人は世界の薬の40%を消費しています。

なのに癌の死亡率は医療機関がとても少ない発展途上国よりもはるかに高いのです。

日本人は薬と医者依存を「やめて」自然農法を実践して、飯山氏が言う乳酸菌などの酵素という触媒活性化する方法を実践すれば、飛躍的に民族繁栄するはずです。
私の酵素温浴は絶大な効果があり是非とも体験して欲しいと思います。

ただ残念なのは、原発事故で毎日休みなく吹き出ている熱気・蒸気に含まれている人工放射線が水と似た反応・サイズのトリチウムと混ざり、体の細胞へとくまなく運ばれることで内部被爆し続けていることです。

だからまずは放射線の高い地域から逃げることです。そして重金属を解毒・排出することです。
そして酵素をふんだんに取り入れて・珪素で血管力を強くすることです。

あなたが輝けるのは周りの何か?からではなくて(条件ではなくて)
あなた自身から生まれる、想い・言葉・行動からです。(無条件から)


 最後まで読んでいただいてありがとうございます

             
road to let go of your hands from supiritual                                                                                               


                    手放すピリチュアル道

             自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                                                                      

              2か所ワンクリックをお願いしいます

                       人気ブログランキングへ

      ランキング一覧の中から手放すピリチュアル道をクリック