今日は今年最後の休日です。朝から早起きして朝食を作ったりしました。
たまには相手の立場を経験するのがいいと思っています。家族はぼちぼち起きてきて、ゆったりとした朝を迎えれました。

仕事人間の私・・・でもやっぱり休みはいいものですね。早朝から雪が降っていてとても寒い朝でしたが、庭に出るとバラは元気いっぱいです。

いつも気がつくと植物がそばにいるのは、無意識に癒されているからなのかもしれません。

植物は最高の浄化をしています。

どこかで浄化する、何かで浄化する、そんなこと以前に地球では植物が酸素を生成して生き物を生かしているという事実が存在しています。

果たしてこの浄化の素晴らしさにどれだけ気がついているでしょうか?
古今東西どこへ行っても結構ですが、どこにいっても人間は植物が出す酸素なしでは生きていけないのです。

家の用事を済ませてからは園芸店へと車をとばしました。閉店セールが金曜から始まっていてどうしても気になっていたのです。
到着すると店内はガランガランに殺風景です。もうほとんどが売れていました。

でもですね、私は常に自分のワクワクする状態に従うようにしているので、今日が一番自分にとっていいタイミングだと知っていました。

誰も見向きもしない観葉植物が私に話してきます。「この人はうちの店にきたいんだな・・・・」すぐにわかったので、3鉢も買いました。
園芸屋さんに置いてあるといまいちな感じな鉢物ってあるでしょう?でも自分のスペースに置くとこれがまた違うのですよ。

買い悩んでいる人はきっと置き場所と今の場所の波動の違いをうまくマッチングできないだけなんじゃないかと思いマス。

ちょいと生意気ですが、園芸店の状態が完全ではないということなんです。

人間でもそうですよね、置かれた環境が自分をうまく発揮できないこともあるのです。あえて輝くことを提案してき続けましたが、環境が変わって自分がとても輝くことがあるのも事実です。

最後にバラの苗を選んでいると、とても大きな鉢植えが処分となっていました。香りが非常に強いバラで背丈ほどもある大苗です。迷っていると店員さんが電話をしながら鉢の前に来て、価格と配送料を伝えていました。
「売れましたか?」と聞くと後でまた連絡するかも・・・とのことです。

この場合まず連絡はないものです。もうこれは出会いと思い購入しましたが、大きすぎて車には積めません。配達もいつできるかわからないとのことでしたので、別の車で取りに出直しました。

さあ積むぞ!という時に店員さんが、車が痛むし、少し無理があるから本日配達しますのでお車に後をついていきますと言われました。

「ほら来た!」自分がとてもワクワクしているとこういう共時性が生まれます。頼んでも断られていたことが簡単にOK!になるのです。

長々と書きましたが、誰でも自分らしさを出しているとこうなるという話です。

もちろんスピリチュアルな何かで引き寄せようとか、パワーなものを利用してこうなったのではないです。

店の玄関に置いたバラ鉢は、それはもう見事でまるでここに来るために3年間も育てられて売れなかったんだと確信するほどです。

自分自身で輝けば誰でもこうなるというお話でした。

    最後まで読んで頂いてありがとうございます

     
                 road to let go of your hands from supiritual                                                                                               

                    手放すピリチュアル道

             自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                                                                      

              2か所ワンクリックをお願いしいます

                       人気ブログランキングへ

      ランキング一覧の中から手放すピリチュアル道を押して下さい