明日からいよいよワールドカップ始まります。これが平和の祭典であると望んでいますが、この大会に便乗して紛争・あるいは戦争が起きる可能性も高いような気がしています。ウクライナなどはパラリンピックの開催に合わせて準備されていました。

アジアでも今年になって緊張しています。いつの時代にも戦争はヤラセから始まっています。毎日平和への祈りを送り現実を変えるように意識をしていかなくてはなりません。

この能力・・・・・みなさんなりで結構ですので使いましょう。私も毎日平和のイメージをしていきます。

さて、平和についてですが、和の定義について4年前に書いた記事を再掲載します。


和をもって尊しとなす


和のある世界では何がおこるでしょう?和とは平和・調和・和平・和音などに使われています。
和の創造するエネルギーは共鳴であると言えます。世界が共鳴するのですから
和の世界は争いなどはないでしょう。

正しい神の降りている世界です。
ですが今の世界は不協和音の響きが強いですね。一人ひとりが話す悪い言葉や想いが共鳴しています。それらは戦争を起こしやすくなるのです。

池に石を落とせば波紋が広がる様に、私達は常に共振しているわけですから、良い音を出せば良い波紋が広がるはずです。

和はまず自分の細胞から起こさないとなりません。
肉体が和で満たされ、心も和になれた時にあなたは完全に調和しています。

体内には70%の水が在り、空気の中にも水は在ります。だから常に波紋が起きています。
水は愛の伝達媒体なのです。そこらじゅうに遍満している愛です。

自分の体の水に感謝の振動を与えることが音合わせです。

キーは愛ですよ。
♭(自分や相手を見上げる)・・・・・などや

♯(自分や相手を見下す)ではないですよ。

見上げてばかりいるからフラット♭するんです。
見下してばかりいるからシャープ♯なんですよ。

感謝で愛にあわせるのです。

音楽の世界では自分の使う楽器をチューニングしますね。これは他の楽器と調和する為に
するのです。その上ではじめて和音を出すことが可能になるのです。

自分さえよければという音は和音になりません。
手と手を合わせる感覚が和音の世界を創造して行きます。
オーケストラで感動するのはそのような和の世界を創造した状態を見て、聞いて自分が
自神を思い出すからです。ああ・・・・私は完全に和の存在だったのだと・・・・・

みんなこの世界に和を創造したいはずなのです。

という字はやまととも読みます。

日本はやまとの国です。日本人は和を振動させる役目があるのです。
日本交響楽団の一人があなたです。

ふだん音楽を聴くならば自然に創られたものを聞きましょう。癒しや波動などを意識して創られたものはあまりおすすめできません。

神がやどる曲などは作った本人が何も意図
せずにできたものです。本人が気づかない状態がほとんどですよ。

私は日本の童謡が好きです。自己否定が強い人は故郷などを聞いてみて下さい。
ふるさとは誰しもあり、どんなあなたも受け入れてくれる場所ですよ。

今日もこのブログから和が共振して行くと嬉しく思います。

平和を創造する音・・・・・それは和音です。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます



                  手放すピリチュアル道

       自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                                                                      

              2か所ワンクリックをお願いしいます

                人気ブログランキングへ

          ランキングから手放すピリチュアル道をクリック

 
        road to let go of your hands from supiritual