昨日帰宅してしばらくすると、強い風が吹いてきました。
午後から吹いてはいましたが、次第に強くなりましいたので、鉢物をベランダから塀の内側へと移動しました。これで一安心・・・・

就寝すると風はさらに強まり、まるで台風のようです。やはり、地球の気象は異常事態に入っていると感じます。竜巻でも起きるぐらいの突風が家に当たると、ミシミシという不気味な音をたてます。

普段から、屋根がある・・・・・壁がある・・・・窓がある・・・・床がある・・・・・家というのは常に自然からの影響を代わりに受けてくれているのです。

家の不満ばかりをいつも言っている人は、このような自然災害に会うと気をつけなければなりませんよ。家も生きていますから、どうにか守ってあげたいと思うのか、自分はいつもだめだと言われているからと思うのかで、家の耐久度は変わります。

なんでも魂があるのです。人間でも魂の輝きが小さくなると、さまざまなことが発生するのですから、家も同じです。

寝ては風の音に起されてしまい、夜中になんでこんなに風が強いのか?と問いました。

するとすぐに答えが来ました。明らかに頭の中に聞こえるのです。
風の意識でした。

それはこんな感じでした・・・・・
「なぜ、こんなに風が吹く?ここを通るのだろう?・・・それはちがうぞ、お前たちが通り道に家を建てたんだ。よけているのはこちらだぞ。」

「そですね、ありがとうございます。でも大気がとても汚染されていて、特に呼吸器が不調の人がたくさんいるので、これは掃除されているのかもしれない・・・」

「そうだ、荒んだ想念が荒んだ世界を創造していて、星は汚れている、星もまた荒んできているから浄化するように働くのだ。」

今朝目が覚めても、まるで台風です。5月にこんな暴風雨がふくぐらいに日本は汚染状況にあるようです。水の精霊が守ってくれていることに感謝をしなければなりません。

世界でもこのような激しい天候に見舞われる機会が今後加速しそうです。
戦争への危惧もしておりますが、その前に人類は自然から粛清されそうですね。

怖い言い方ですが、人間が自然に対してやってきたことが、何倍にもなって帰ってきている。
それを自然から復讐されているという人もいるようです。

しかし、自然ほど完璧なものは存在しません、自然からみれば共存できないと判断されれば人間は淘汰されるだけです。

自然=地球です。どんな時も地球は一人ひとりの人間の意識を読んでいる気がします。

宇宙の法則、「与えたものが受け取るもの」
自然破壊を与えるものが受け取るものは破壊なんですね。

この完璧なる法則、そしてとても簡単なことが未だに変えれないのが地球人です。
なんとか変わりたいですね。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます

                  手放すピリチュアル道

       自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                                                                      

              2か所ワンクリックをお願いしいます

                人気ブログランキングへ

          ランキングから手放すピリチュアル道をクリック

 
        road to let go of your hands from supiritual