最近は過激な事件が後を絶ちませんね・・・・・
相手の命を奪うことでいったい何が生まれるのでしょうか?

今恋愛をしている人にはこのような現実が起きないともいえないわけです。もちろん普通に恋愛しているなら問題なしです。
じゃ、普通の恋愛とは何?と言われそうです。

恋は頭で愛は心でというと誤解が生じそうですが、頭で考えていることが多くないですか?
心は愛でも愛が足りないと感じたりすれば、どうしても頭で悩んでしまうでしょう。

つまり想いと思考が一致しないことが多いのが恋愛です。
想像力を使ってみると相手の視点もわかることがありますが、想いが先行していると想念を観ることは難しくなります。

いつも繋がっていたい、返事が来ないとすぐに不安になる、これはSNSにありがちな自己を満足させる想いです。

まず、相手は自分ではないのですから、あまり我を出すとうまくいかないでしょう。

家族間でのコミュニケーションがその典型です。

完璧に自分をわかってほしいなんて無理です。

全力で愛しているというのは、実は愛のようで自己を認めて欲しいのかもしれません。
やがて相手の嫌なところが見えた時に、それが崩れ始めるのです。
恋愛はインフルエンザで急に熱が出ているようなものです。

私からの提案は、

少し愛して、長く愛していけば・・・・・?です。

実はこれ、昔のCMであったセリフなんです。
このセリフが言えると、かなり楽になるんじゃないかな?

完璧に愛してすぐ終わり、また完璧を求めて期待して、すぐに終わる、この繰り返しを終えてみましょう。

特に女性は、愛するよりも、愛されるほうが結婚へと近づくと思います。

料理でもまったく同じです。
火力が強いとすぐに焦げます。

ゆっくりと少しづつ火を入れる(少し愛する)と、どんな素材(問題)も和らぐんじゃないですか?

へんな記事になっちゃいましたが、誰かの想いが来たのかもしれません。
でも、恋愛しているなんていいですね、羨ましいです(笑)



 最後まで読んでいただいてありがとうございます

                手放すピリチュアル道

         自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                                                                      

              2か所ワンクリックをお願いしいます

                人気ブログランキングへ

          ランキングから手放すピリチュアル道をクリック

 
      road to let go of your hands from supiritual