顕在意識の

第1の封印は見ることです。以前真実を見るで書きましたがこれが最初の封印です。

この真実を見ることは心の良心がないと見れません。まず第2チャクラの自我を知り、第3チャクラで分離した自己を統合して、第4チャクラで善悪を超えた認識に至れば第6チャクラで真実をみることができます。

第2の封印は匂う・聞くことです。同じく第2~第4チャクラまでに至り第5チャクラで真実を聴くことです。真実とは良心の声です。元気のない人の元気な声を聞くこと、外の神の声ではありません。その匂いを嗅ぎ分けなければなりません。

第3の封印は話すことです。同じく第4チャクラに至り、この第4チャクラで真実を話すことです。良心の声を言葉に物質化することであり、それ以外を話さないことです。

第4の封印は味わうことです。感じることとも言えます。第2チャクラの自我を第3チャクラで感じることです。自分の足りなかったところを味わうわけです。問題の学びを感じとることが味わうことになります。

第5の封印は喜びです。第1から第4までの封印で開いた愛への喜びです。それを第2チャクラに納めることで喜びになります。

このように顕在意識の封印は5感でもあり、チャクラともリンクしているのがよくわかります。チャクラを故意に開閉する危険性を述べてきたのはこれらのプロセスから自然に変化するものであるからです。

個人利がいかに封印に鍵をするものかが感じられます。

願いには他人の喜びがどれだけ含まれているかが大事なのです。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます

 
      road to let go of your hands from supiritual                                                                                               

               

               手放すピリチュアル道

       
        自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                         
                                             

              ワンクリックをお願いしいます

                人気ブログランキングへ