よく潜在意識についての法則が書かれています。願望を実現するには潜在意識が鍵を握るなど・・・・です。

願望は誰もあると思いますし、それが悪いとは言えません。

何を願うのか、何故願うのかが大切であるというのは度々書いてきました。

できるだけたくさんの人が魔に繋がらないようにです。

日々感謝と実践をしていれば正しい願いは叶います。

このテーマも検証して解きほぐせば楽になるかもしれないので書いてみました。

潜在意識とは肉体が眠っている間も司るものであり、顕在意識は5感を通じて働くものです。

海に浮かぶ氷山があります。海面に出ている山は顕在意識で、水面下にある部分が潜在意識です。

哲学では潜在意識が主観的な心の状態であり

顕在意識は客観的な心の状態であるという定説があるようです。

5感で感じるから客観的な心なのでしょうが、見方を変えれば自我が感じて判断するのですからこちらのほうが主観的な心かもしれません。

自我は視点が主観的であるので、主張が発生します。

問題が起きたときに自分の足りない部分を視点を変えて観るというのは

実を言うと客観的な視点を持つということです。

つまりそのとき潜在意識を使っているわけです。

私は顕在意識が主観的な心で潜在意識が客観的な心と感じます。

ただ宇宙の創造者の視点でとらえれば体験をしに3次元にフォーカスしているわけですので

哲学の定説が正しいでしょう。

ややこしいことを書いた理由はこの法則をただの願望実現にとらえることへの危惧があるからです。

手放すピリチュアル道の視点を変えて観てみる方法は単に物質的3次元願望を実現する方法ではないのです。

3次元に生まれさせて頂いた奇跡に感謝して、その本当の目的を実現するための方法なのです。

ですので潜在意識と顕在意識を理解して、何に、何故使うのか?が大切なのです。

私が言いたいのは潜在意識の知識も知らない地球人がたくさんいる中で願望実現をして

成功を収めても次の世界ではなんの価値がないかもしれないということです。

マザーテレサ、釈迦やキリストは願望に対して自分への見返りがなかった人です。

見返りがないからしてあげたとは言わない・思いもしないのです。

無条件の愛になるとはそういうことです。

完全なる奉仕の人生で個人利を得るために潜在意識を利用しなかったと思います。

ここではこの潜在意識を良心にそって使うような提案を綴ります。

顕在意識の最初の封印は・・・・・・・・・

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます

 
      road to let go of your hands from supiritual                                                                                               


               手放すピリチュアル道

       
        自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                         
                                             

              ワンクリックをお願いしいます

                人気ブログランキングへ