さて7つのチャクラについてまとめてみましょう。私なりの解釈ですので賛否があると思いますが、手放すきっかけ(奇欠け)になればと思います。                 

 

第1チャクラ  脊椎下部  - 宇宙と地球の融合がおさまる

第2チャクラ  生殖器   - 自我が在る(自由な創造性)

第3チャクラ  丹田    -宇宙と地球の融合愛に自我が加わる。           

                 体験で業(カルマという自己責任)を取

                 るか取らなければ悩み苦が生まれる。

                 自分と向き合う場所。

第4チャクラ  心臓     第3で生まれたモノを善悪を超えて気づく

                 場所である。

        許せない・うらむ・のろう   許す・感謝・生かされている

 

第5チャクラ  喉       霊的な聴力と言葉の創造・物質化

         魔を聴き・魔を伝える    真実を見・真実を言葉に 

第6チャクラ 額中央     霊的な視力・多次元を見る

          魔界を見る力         神界を見る力

第7チャクラ 頭頂部     宇宙から受け取り返す門

         自他を依存する・させる   自他を自立へ導く 

このような働きがあると感じます。ですがこのチャクラの状態は常に把握できません。

ですので現状に感謝して生かされていることに集中すれば良いのです。

精神世界はどのように導いているかをみれば判ります。依存をさせるのか自立をさせるのかを観てみれば化けの皮が剥がれてきます。私は外で繋がる方法でメッセージは書きません。なぜならば私自身が実践できていないことは伝わらないからです。

正しい神は言葉を伝えません。

さあチャクラに囚我ずに思いっきり毎瞬を体験しましょう。誰にも良い心という最高の神がいるのです。

天の下で恥ずべきことない人間に良い神が寄ります              

 

 最後まで読んでいただいてありがとうございます

 
      road to let go of your hands from supiritual                                                                                               

               手放すピリチュアル道

       
        自立と感謝が広がる地球人類進化は始まっている                         
                                             

              ワンクリックをお願いしいます

                人気ブログランキングへ